読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High Bridge レゴブログ

レゴ LEGO、本、音楽、小学校受験などに関する話題を掲載します。


新言語の学習が人々に『美しい老化』をもたらすかもしれません

外国語の学習が脳にもたらす良い影響についての研究をGigazineさんから見つけました。

新しい言語の学習が年齢に関係なく脳を構造的に強化することが明らかにされました。

リー教授の研究チームは、英語を母国語とする39人のイングリッシュスピーカーを集めて、半数の参加者に6週間にわたって中国語のボキャブラリー学習を行わせるという脳の研究を実施しました。新しい語彙を学習したチームは、学習を行わなかったチームに比べて学習した語彙を覚えるまでの目的達成率が高くなっており、脳内ネットワークが強化されていることが判明。「新しい言語を学習する」というタスクが、脳の柔軟性と効率性を上昇させるのに適した作業であるということが分かりました。

Li and colleagues studied 39 native English speakers' brains over a six-week period as half of the participants learned Chinese vocabulary. Of the subjects learning the new vocabulary, those who were more successful in attaining the information showed a more connected brain network than both the less successful participants and those who did not learn the new vocabulary.

The researchers also found that the participants who were successful learners had a more connected network than the other participants even before learning took place. A better-integrated brain network is more flexible and efficient, making the task of learning a new language easier. Li and colleagues report their results in a recent article published in the Journal of Neurolinguistics.

 

リー教授は「最も興味深い発見は、従来の研究に反して脳は我々が考えていたよりも柔軟だったことです。また、新言語の学習が人々に『美しい老化』をもたらすかもしれません」と話しています。

"A very interesting finding is that, contrary to previous studies, the brain is much more plastic than we thought," said Li, also co-chair of the interdisciplinary graduate degree program in neuroscience. "We can still see anatomical changes in the brain [in the elderly], which is very encouraging news for aging. And learning a new language can help lead to more graceful aging."


新しい言語の学習が年齢に関係なく脳を構造的に強化することが明らかに - GIGAZINE


Learning languages is a workout for brains, both young and old | Penn State University

 

外国語学習を始めようとして気づけば40歳になっていた自分にとって、うれしい驚きでした。

ページトップへ戻る